シラミ駆除剤の情報

アタマジラミ01

 

お子さんが通っている学校や保育機関、もしくは習い事の教室でアタマジラミが流行しているという情報が流れたとき、あなたは正しい警戒の仕方ができるでしょうか。

 

もしかしたら、学校などから「アタマジラミの流行について」のような通信が配られているかもしれません。

 

そこにはアタマジラミの特徴が書かれている。

 

髪の毛に寄生して、頭皮から吸血する昆虫であること。

 

アレルギー反応を起こし、痒みが生じること。

 

接触によって感染し、とても感染力が強いこと。

 

駆除にはスミスリンという薬剤を用いること。

 

などのポイントが書かれているのではないでしょうか。

 

しかし具体的にこのアタマジラミに対してどう注意すれば良いのか。

 

自分の子どもにどのようなことを伝えれば良いのかいまいち分からない、万が一アタマジラミを見つけたらどのように行動すれば良いか分からず、情報が少ないという場合もあると思います。

 

そこでここでは、保育機関や学校でアタマジラミが流行っていることを知ったとき、具体的にどのようなことに注意し、どのような対処をするのがベストなのかを考えていこうと思います。

 

アタマジラミ10

 

>>成虫と卵を同時に駆除できる天然薬用ローション”シラミン”の詳細

 

不潔が原因で感染するものではありません

アタマジラミ02

 

まず、もっとも大切なのは、アタマジラミに感染することと、不潔かどうかには関係がないということを親子共によく理解することではないでしょうか。

 

もちろん、丁寧に毎日シャンプーをすることで、万が一シラミがついていたとしても落とすことができたということもあるはずですから、例えばお風呂に入らないとか、着替えをしないということがまったく関係ないわけではありません。

 

しかし、シラミの感染と不潔の間には直接的な関連はありません。

 

「シラミがわく」と言ったりして、なんだかいかにも汚れと関連がありそうに聞こえるかもしれませんが、不潔にしていようが清潔にしていようが、シラミとの接触があれば誰にでも感染するのです。

 

だから、シラミが頭についているからと言って不潔ということにはなりません。

 

年齢にもよりますが、小さなお子さんの場合、これを理解し、シラミにかかった友達に対して適切な態度でいることは決して簡単ではないと思います。

 

頭に虫がついていて、近寄ったらうつるということだけ知っていれば、感染した子を過剰に遠ざけたり、馬鹿にしてしまったりすることが懸念されます。

 

学校ではシラミを原因とするパニックやいじめをどう回避するかは重要な問題だと思いますから、この点は学校からだけでなく、ご両親の立場からもお子さんによく伝えておくべきことではないでしょうか。

 

お子さんの頭をよく観察しましょう

アタマジラミ03

 

アタマジラミは飛んだり跳ねたりする虫ではありませんので、直接的な接触がなければ感染はしません。

 

ただし、お子さんであれば体育帽の貸し借りをしたり、当然マット体操のマットはみんなで使いますし、直接頭同士の接触はなくても、それに類する感染の機会というのは意外に多いものです。

 

この点を考慮して、アタマジラミが流行っていると分かったら何が何でも感染を防ぐという方法ではなく、感染しても仕方ないと思うくらいには覚悟をしておいた方が良いと思います。

 

その上で、アタマジラミが流行していると分かったら、お子さんの頭をよく観察するようにしましょう。

 

普段はなかなかそう真剣には見ないと思いますが、アタマジラミの感染があれば家族内で移しあってしまう可能性もありますし、掃除も念入りにしなければならないので、早く発見するに越したことはありません。

 

アタマジラミが流行しているときは、念入りに観察するようにしましょう。

 

薬剤もあらかじめ用意しておくべき?

 

アタマジラミ0113

 

写真 天然薬用ローション”シラミン”の3点セット詳細

 

アタマジラミの駆除にはスミスリンという薬剤を使うのが一般的です。準備の良い方であれば流行が分かった時点でこれを買っておく人もいるかもしれません。

 

ただし、予め用意しておくならこちらの方がおすすめですよという製品があります。

 

アメリカ製のシラミ駆除剤で、シラミンローションというものなのですが、予め用意するのであればこれがおすすめ。

 

ここからは少しシラミンローションの紹介をさせてください。

 

スミスリンは殺虫剤成分を利用しシラミを駆除しますが、シラミンローションは天然の成分を利用しています。シラミを毒で殺すのではなく、独自開発によるナトリウム成分でシラミの呼吸器を塞ぎ、脱水状態に陥らせることで駆除するものです。

 

殺虫剤成分ではないので、人体に対する刺激の心配は限りなく少なく、一方でシラミにはとても都合の悪いアイテムです。

 

また、スミスリンは卵を駆除する能力が乏しく、孵化を待って駆除を進めなくてはならないという弱点があるのですが、シラミンローションは卵まで脱水状態にして退治することができるという点が自慢。

 

近くの薬局で手に入れられるのはスミスリンの方ですし、シラミンローションはアメリカから発送されるため、注文してから手元に届くまでに長いと1週間ほどかかることがありますが、予め用意しておくというのであれば、こちらの製品を検討しても良いのではないでしょうか。

 

万が一感染したことが分かったとき、素早く卵まで含めた駆除が行えるシラミンローションは、一本持っているとシラミ駆除が大変楽に終えることができるはずです。

 

先に購入しておくと良いシラミ駆除用のコーム

アタマジラミ04

 

アタマジラミに感染しているわけではないけれど、わが子の通う保育機関・学校・習い事の教室などでアタマジラミが流行している、という状況なら、先に購入できるものはしておいた方が良いでしょう。

 

まず手に入れていただきたいのは、アタマジラミ専用のコームです。

 

駆除用の製品を買うかどうかは迷うところだと思いますが、アタマジラミの成虫や卵を漉き取るための専用のコームを買っておくことはおすすめします。

 

シラミ駆除専用のコームなので汎用性は乏しく、もしアタマジラミに寄生されなければ無用の長物になってしまうのは否めません。

 

しかし、専用コームが一本あると万が一アタマジラミに感染してしまった場合でもすぐに対処することができますし、その後駆除剤を使うにしても、死骸や卵を取り除く際に使うことになるので、早めに用意しておいて損はないと思います。

 

流行が終息するまで感染しないというケースもあると思いますし、そのときには本当に無駄な買い物をしたと思うかもしれませんが、それほど高価なものではないので、お守りとして持っておいても良いと思います。

 

おすすめはネット通販で購入できる「ニットフリーコーム」など、ステンレス製の丈夫なコームです。

 

地域的にたいていの製品は一日で届くというのであればアタマジラミを発見してからでも遅くはないと思いますが、2・3日はかかるという地域にお住まいであれば、早めに注文しておいた方が良いのではないかと思います。

 

予めコームを買うならシラミンローションのセットがおすすめ

アタマジラミ05

 

シラミンローションの購入がおすすめの理由は、いずれにせよコームは必要だというところにポイントがあります。

 

シラミンローションは、ローションで生き残ったシラミにとどめを刺し、忌避成分であるニームオイルの匂いがシラミを遠ざけるというシラミンシャンプー、そしてニットフリーコームと同程度の品質の専用コームがセットで10,000円のセットが公式サイトで販売されています。

 

また、これらの製品は90日以内であれば完全返金保証がついていますので、予め購入しておいて、幸いにもアタマジラミには感染しなかった、という場合にも損になりません。

 

予めコームを買っておこうとお考えであれば、こちらを購入しておいた方がお得だと思います。

 

もしアタマジラミを発見してしまったら…

アタマジラミ06

 

実際にアタマジラミに感染してしまったらどうすれば良いのでしょうか。

 

駆除道具が揃っているなら当然駆除にあたると思いますが、そのほかの行動についてです。学校に報告する必要はあるのか、学校は休む必要があるのか、病院へは行った方が良いのか。

 

保育機関や学校から、ある程度のガイドラインを伝えられているかもしれません。

 

もちろんその方針に従って行動することが前提ですが、それがどの程度具体的なものなのかは分かりません。もしかしたら、学校に連絡、そして病院で指示を受けましょうというような、ちょっと物足りない内容かもしれません。

 

ここでは「アタマジラミの流行がもう分かっている」という設定でお話ししていますが、実際にはアタマジラミの流行がまだ学校でも認識できておらず、水面下でジワジワ流行が広がっているというような状況だってあるはずです。

 

また、ある程度アタマジラミが流行していることが父兄の間で知られていても、学校での対応が遅れているという場合だって考えられます。

 

不十分だとしても、アタマジラミの流行に際して、一応のガイドラインが設けられて伝えられているのであればありがたいことですね。

 

特に、「学校に連絡してください」とアナウンスされているとしたら本当にありがたいことだと思います。

 

アタマジラミの流行を把握していて、子どもたちを含め、アタマジラミに警戒しなければならないという空気があるということですから。

 

この場合はまず迷わずアタマジラミを見つけたということを報告するようにしましょう。

 

学校などからの指示がないときは?

アタマジラミ07

 

少し番外編のような内容になりますが、仮に、学校などがアタマジラミの流行を把握していないという状況ならどうでしょうか。

 

やはり学校などに連絡をする必要があるでしょうか。

 

これは指示がなければ迷うところだと思いますが、流行を広げないためにも報告を行うようにしましょう。

 

わが子がアタマジラミを持っているということはどこか近くに感染者がおり、どこからかもらってきたということですから、みんなが警戒できるよう、報告するのが良い判断だと思います。

 

このとき、どうしてもアタマジラミに感染したと知れたら学校でバカにされるのではないか、嫌われるのではないかということを親の立場であれば考えてしまうでしょう。

 

言わないで、休ませようかなと考える方も多いはず。

 

学校の判断にもよりますが、アタマジラミでは基本的に学校などを休む必要はありません。

 

水や空気を介して移動する昆虫ではなく、あくまで直接的か、それに類する(帽子の共有など)接触がなければ感染しないので、知識があれば十分気をつけることができます。

 

だからこそ、余計な混乱を生まないため、アタマジラミの感染と不潔は関係がないという事実の周知が必要なのですが、学校や習い事先の教室がどの程度配慮してくれるかは未知なので、迷ってしまうのも分かります。

 

しかし、例えば学校などに隠して休ませるとしても、通常アタマジラミの駆除には2週間ほどを要しますので、そんなに長く休ませるわけにはいかないのではないでしょうか。

 

早めに駆除を行うことで2週間より早くアタマジラミを退治できる可能性もありますが、元気なのに学校などを休ませるとなれば、お子さんにとっても隔離されている感覚になって、あまり気分の良いものではないかもしれません。

 

様々な状況や考え方があるのでこうすべきだと言うのは難しいですが、基本的には学校など流行が広がる可能性のある場所にはアタマジラミがいるということを知らせた上で、駆除にあたることが正しい判断だと思います。

 

病院へ行く必要は?

アタマジラミ08

 

アタマジラミで病院へ行っても、スミスリンというお薬を紹介されて、それで駆除を進めるように指示を出されるだけなので、絶対に行かなければならない、というわけではありません。

 

もし、頭を掻きすぎていて傷がひどいとか、アタマジラミかどうかはっきり分からないという場合であれば、病院に足を運ぶと良いと思います。

 

予防や再感染への警戒も忘れずに

 

予めアタマジラミに対する準備ができていたのなら、仮に感染してもすぐに対処することができるでしょう。

 

シラミンローションを使ったならとてもスムーズに駆除が進むと思います。

 

しかし、シラミは接触の機会さえあれば何度でも感染します。

 

せっかく駆除を終えたのに、またすぐにもらってくるということもあるでしょう。

 

だからこそ、学校など施設の単位でシラミ駆除にあたること、それぞれがシラミの知識を持っておいて、感染に気を付けることはとても大切です。

 

そのためにも、学校に感染を報告すること、お子さんとよく話すことは大事。

 

予防だけではなく、感染したらどうするか、そして駆除を終えた後にどうするかまで、よく考えておけると良いですね。

 

アタマジラミ09
アタマジラミ10
アタマジラミ11

 

>>成虫・卵を同時に駆除できる天然薬用ローション”シラミン”はこちら